インプラントについて
  インプラント治療の流れ
   インプラント治療のケース紹介
   インプラント治療で良い治療を受けるには
  他の治療法との比較
   インプラント治療のメリットとは
  医療費控除
   インプラント治療後のお手入れ方法
   治療に使用する機材
   タバコがもたらすインプラント治療への影響
   最新のインプラント治療への取り組み
   インプラント治療で大切なこと
   インプラント治療の審美面について
 
 
 
 
 
 
 
他の治療法との比較
 
 
 
 
インプラント治療法と他の治療法との一番の違いは、
ブリッジ治療であれば、並列している健康な天然歯を削ってブリッジ(橋)を架ける必要がありますが、インプラント治療では並列している健康な天然歯を削ることなく、治療ができます。
入れ歯治療であれば、入れ歯特有の違和感がなく、咬み合わせがスムーズで、しっかりと固定できます。
 
 

 

 
 

 

・従来の治療法
歯が1本抜けた場合 (ブリッジ治療)
周りの健康な歯を削ってブリッジ治療にします 。
部分入れ歯の場合
入れ歯を固定するための針金が見た目にも機能的にも不快です。
総入れ歯の場合
入れ歯がズレたり食べ物が内側に入って痛かったりします。
 
・新しい治療法(インプラント治療の場合)
歯が 1本抜けた場合(インプラント治療)
ブリッジ治療と違い周りの健康な歯をまったく削ることなく歯のない部分にインプラントを入れます。
複数歯のインプラント治療
針金付きの入れ歯でなく、歯のない部分に適切な数のインプラントを入れ、固定式の人口歯を取り付けます。
無視顎へのインプラント治療
数本のインプラントを入れて、入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます。
 
     
Copyright 2006 Ito Dental Clinic. All rights reserved.