インプラントについて
  インプラント治療の流れ
   インプラント治療のケース紹介
   インプラント治療で良い治療を受けるには
  他の治療法との比較
   インプラント治療のメリットとは
  医療費控除
   インプラント治療後のお手入れ方法
   治療に使用する機材
   タバコがもたらすインプラント治療への影響
   最新のインプラント治療への取り組み
   インプラント治療で大切なこと
   インプラント治療の審美面について
 
 
 
 
 
 
 
インプラント治療で大切なこと
 
 
 
 

インプラントの術後のことも考慮しながら、患者さんの要望や要求度を把握し、治療計画を練りお互いがしっかりと納得してから、治療を進めていくことが大切です。もし歯科医師が患者さんの要望や要求度を把握することをせずに、歯科医師が自分本位の意見を推し進めるようなら、いくらその歯科医師に腕が有ったとしても、お互いに良いインプラント治療が本当におこなえるのか?良い結果を得られるのか?これはより難しくなると思います。

大切なことは、歯科医師と患者さんの間にコミュニケーション・信頼関係が構築されており、お互いが納得しながら共に治療に取り組むことが、インプラント治療で大切なことです。

インプラント治療で大切なことは、インプラント処置をおこなったあと、治療をした歯科医師(医院)が責任を持ち、その後の適切な管理を継続的におこなうということです。

これは在ってはならないことですが、インプラント処置をやりっぱなしや、その後の医院の十分なケアなどが無かった場合、致命的な結果を迎える前に、早急に別の医院に行くのがいいでしょう。

インプラント治療は高額な費用のかかる治療です。術後の管理などに対しての歯科医師の考え方・取り組み方、医院の体制などをしっかりとおこなっている医院・歯科医師を選択したいものです
 
 
 
インプラント治療の失敗はなぜ起こる?
インプラント治療が失敗しないようにするには、守らなければならないことがいくつかあります。それらを守らずに、基本を無視したインプラント治療を行うと失敗する可能性あります。インプラント治療はそれほど失敗が起こるものではありませんが、失敗が起こった場合には、治療をする側(歯科医師)、受ける側(患者)それぞれにその原因があります 。

・歯科医師の責任

あってはならないことですが、まず歯科医の診断力や技術の未熟が考えられます。例えば、残っている天然歯の歯周治療を見過ごしたり、放置したまま治療にとりかかったり、あるいは営利主義に走り、患者に十分な説明をしない、また、それらが原因で治療がスムーズにすすまないなどは、すべて歯科医の責任といえるでしょう。
 

インプラント治療の流れに沿ってみると

●外科手術(埋入ならびに頭出し手術)では …埋入時の発熱や感染、初期固定の不足、設計ミス(インプラントの埋入位置や方向、長さ、本数の不適切)など
●上部構造製作では …上部構造の不適合、ネジ締め力の不足、上部構造が清掃しにくい形をしているなどの設計ミス、噛み合わせ調整の不十分など
●メインテナンスでは …メインテナンスの必要性を十分に説明していない、適切なブラッシングや定期検診を行わないなど

 

・患者さんの責任

清掃の不良は患者さんの責任と言っても過言ではありません。清掃をしないほか、定期検診を受けない、喫煙量を減らさないなど、歯科医との約束事項を守らないとインプラント治療が失敗する原因になってしまいます。
 
 

 

 
Copyright 2006 Ito Dental Clinic. All rights reserved.