インプラントについて
  インプラント治療の流れ
   インプラント治療のケース紹介
   インプラント治療で良い治療を受けるには
  他の治療法との比較
   インプラント治療のメリットとは
  医療費控除
   インプラント治療後のお手入れ方法
   治療に使用する機材
   タバコがもたらすインプラント治療への影響
   最新のインプラント治療への取り組み
   インプラント治療で大切なこと
   インプラント治療の審美面について
 
 
 
 
 
 
 

最新のインプラント治療への取り組み

 
 
 
     
 

GBR法

GBR とは(Guided Bone Regeneration)の略で、骨誘導再生法とも呼ばれます。
インプラントを埋入するには充分な骨の厚みと幅が必要なります。歯を抜いた後に、長時間経過すると歯を支えていた骨の吸収が進みます。また、歯根の先が膿んでいたりする場合にも、骨の吸収が進行します。 GBR 法は、インプラントを埋め込むのに十分な骨の厚みや幅がない場合、 骨の厚みや幅を増やす 手法です。

GBR 法は以下の 2 種類存在します。

GBR 法−1( インプラント埋入前におこなう GBR 法)
インプラントを埋め込む手術前に必要な部分の骨を作成する方法。

GBR 法−2( インプラント埋入時に同時におこなう GBR 法)
インプラントを埋め込む手術時に必要な部分の骨を同時に作成する方法。

 
     
 
 
ソケットリフト法

上顎部分の骨の高さが不足している場合、骨を持ち上げながらインプラントを埋入し、骨幅を厚くする方法です。
骨幅が不足している上顎部分のインプラントを埋入する穴の奥に、骨になる物質(骨補填材)を入れ、特殊な器具を用いて少しずつ上顎洞底部を押し上げていきます。骨の密度が高まるので歯槽骨の高さが確保されインプラント治療ができます。

 
     
     
 
抜歯即時埋入インプラント ( イミディエイト インプラント )法

抜歯即時埋入インプラントとは、抜歯と同時にインプラントを埋め込む手法です。通常のインプラント治療は抜歯し、傷が治ってからインプラントを埋入することが多いのですが、症例によっては抜歯と同時にインプラントを埋入できるときがあります。抜歯即時埋入インプラントのメリットは外科的な治療の回数が減ることです。

 
     
     
 
抜歯即時加重インプラント (イミディエイト ロード インプラント)法

インプラントを埋入したその日に上部歯冠(歯の部分)を入れ、通常通り噛めること(加重)ができる方法です。抜歯即時加重インプラントのメリットは、インプラント治療の大きな欠点であった期間を大幅に短縮することができます。
ですが、この手法は症例によっては使用できない場合があり、条件が整った場合のみおこなえますので、歯科医師とよく相談する必要があります。

 
     
     
 
リッジエキスパンジョン

インプラント治療をおこなうにおいて、骨の部分の厚み(長さ)は十分にあるが、骨の部分の幅が足りない場合(骨の部分が狭い場合)に特殊な器具を用いて、インプラントを埋入する部分の骨の幅を広げるためにおこなう手法です。

 
     
     
 
サイナースリフト法

インプラント治療をおこなう時に、骨の高さ(厚み、長さ)が足りない場合があります。
上顎(上あご部分)においては、『上顎洞(じょうがくどう)』という空洞が存在し、この上顎洞から歯の部分までの骨の高さが不足している場合に、サイナースリフト法(骨の造成)をおこなうことで、インプラント治療を可能にできます。

 
     
     
     
     
Copyright 2006 Ito Dental Clinic. All rights reserved.