インプラントについて
  インプラント治療の流れ
   インプラント治療のケース紹介
   インプラント治療で良い治療を受けるには
  他の治療法との比較
   インプラント治療のメリットとは
  医療費控除
   インプラント治療後のお手入れ方法
   治療に使用する機材
   タバコがもたらすインプラント治療への影響
   最新のインプラント治療への取り組み
   インプラント治療で大切なこと
   インプラント治療の審美面について
 
 
 
 
 
 
 
インプラント治療後のお手入れ方法
 
 
 
 

口腔内でいつも強い噛む力が加わり、清掃も難しく、条件の悪い場所(歯周病やむし歯などで喪失した場所)に使用されるインプラントですから、埋めれば一生そのままで使えるとは断言できません。骨の性質は、患者さんによって異なるので、清掃の状況は患者さんの生活環境によっても変わります。定期的なメインテナンスを約束しても、途中で来院されなくなったり、あるいは、通院困難な状態になるかもしれません。一生もってほしいと思っていますが、残っている天然歯でも一生もつという保証はありません。一生もつといって歯科医がすすめるようなら、疑問を持って間違いないでしょう。

一生もつと保証できないインプラントですから、やはりメインテナンスが重要です。患者さんご自身でもしっかりとメインテナンスできるように、正しいブラッシングを習得し、実施できるようにしながら、しっかりと定期健診を受けるようにしましょう。
 
 

 

 
 
 
 
ホームケア

・歯ブラシ
ブラッシングは予防・治療のために非常に大切です。天然歯やインプラントにかかわらず、歯科医や歯科衛生士の指導に従って、正しいブラッシングをおこってください。


・歯間ブラシ
歯と歯の間に入れ、歯ブラシだけでは取り除けない汚れをきれいにします。ご自分の歯と歯の隙間に合ったサイズを選んでください。
天然歯の周りの骨がなくなっていく歯周病と同じように、インプラントの周りの骨がなくなると、インプラントはもたなくなります。天然歯でもインプラントでも、長持ちさせるには正しく磨かなくてはなりません。
 
     
 
定期健診

毎日、歯をしっかりと磨いているつもりでも、磨けていないところがあります。そして当たり前のことですが、インプラントには神経がありません。ですから感染が起こっても自覚がありません。グラグラと動きはじめたり、膿が出てはじめて気が付くのですが、こうなってからでは手遅れです。

しっかりと定期的に検診を受け、清掃の状態や治療後に変化がないかどうかを検査し、磨けていないところの改善もでき、もし何かが起こっても早期に対処できます。同時に、歯科衛生士による専門的な清掃を受けることによって、インプラントを長持ちさせることができます。


 
     
Copyright 2006 Ito Dental Clinic. All rights reserved.