インプラントについて
  インプラント治療の流れ
   インプラント治療のケース紹介
   インプラント治療で良い治療を受けるには
  他の治療法との比較
   インプラント治療のメリットとは
  医療費控除
   インプラント治療後のお手入れ方法
   治療に使用する機材
   タバコがもたらすインプラント治療への影響
   最新のインプラント治療への取り組み
   インプラント治療で大切なこと
   インプラント治療の審美面について
 
 
 
 
 
 
 
インプラント治療のメリット
 
 
 
     
 
 
(固定式入れ歯)

取り外し式の入れ歯に代わって、固定式の入れ歯を入れることができます。

 
     
 
 
(インプラントの取り外し式入れ歯)

取り外し式の入れ歯の場合でも、インプラント上にしっかりと固定されますので、通常の入れ歯のようなズレや食べ物のかけらが入った時の痛みがなくなります。

 
     
 
 
(入れ歯でも噛める)

インプラントによる入れ歯なら、天然の歯とほとんど同じ感覚で噛むことができます。

 
     
 
 
(違和感がない)

入れ歯と違い、装着したときのような異物感がなく、違和感がまったくありません。

 
     
 
 
(発音がしっかりとできる)

入れ歯の場合は入れ歯を作る技工士の技術によっては、発音のしづらい場合がありますが、インプラントは発音には全く影響を与えません。

 
     
 
 
(人前でも自信を持てる)

自然な見栄えや表情を取り戻すことができ、人前で話すことにも抵抗感がなくなります。

 
     
 
 
(バランスがよい食事が楽しめる)

なんでも良く噛めることから、食事の際の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめます。

 
     
 
 

(心も健康に)

楽しい食事は体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします。

 
     
 
 

(健康な歯を削らない)

並列している健康な天然歯を削ることなく、喪失している部分だけをインプラントによって補えます。

 
     
 
 

(食事がおいしい)

義歯では、噛む力が弱くなったり、粘膜の一部が覆われたりすることで味覚が低下することがあります。インプラントでは味覚の低下する要素は見当たりません。

 
     
 
 

(骨の退化の抑制)

歯根を支えている歯槽骨は歯があってこそ健全に保たれています。歯が失われると急激に吸収されてしまい、入れ歯は吸収を加速させると言われています。最終的にほとんど顎の骨が退化してしまうケースもあります。インプラントは骨の吸収を抑える働きをして、若々しい表情を保ちます。

 
     
 
 

(スポーツ能力を高める)

スポーツをやっている方たちは、知らず知らずに歯を食いしばって力を出しますが、歯がボロボロになってしまいます。入れ歯ではそのような力に耐えられませんがインプラントならば対応できるのです。

 
     
 
 

(作り替えは不要)

インプラントは人工歯ですから、天然歯と違い虫歯にはなりません。ホームケアは天然歯と同様に歯磨きや歯間ブラシなどが必要です。
入れ歯の場合は何年かすると負担がかかった歯が傷むため、作り替えたり、入れ歯の範囲を増やしたりしなければなりません。また、歯茎が萎縮するなどして合わなくなることもあります。
インプラントは定期検診以外には通院の必要はなく作り替えはありません。

 
     
 
インプラント治療はアンチエイジング!?

インプラント治療は、今までのコンプレックスを解消して自信が持てるようになり、人とのコミュニケーションを円滑にして、バランス良いおいしい食事も採れ、骨の退化を抑制し若々しい表情を保てるようになることから、アンチエイジングという部分でも有効的な治療方法とも言えると思います。


 
     
Copyright 2006 Ito Dental Clinic. All rights reserved.